第7回FlowSTワークショップ開催概要

      

開催日 :平成30年3月2日(金)
開催場所:産総研つくば中央第五事業所6階会議室
参加人数:87名

概 要
フロー精密合成コンソーシアム(FlowST)は、国立大学法人東京大学と産総研が中心になり、企業・大学・公的研究機関の技術交流の場を提供することにより、触媒反応を用いたフロープロセスによる精密合成に関連する情報の共通認識形成を図り、フロー精密合成の一層の技術向上及び普及を促進、日本の「ものづくり」の新たな力へと発展させることを目的としています。
今回その第7回目となる会員限定ワークショップを産総研にて開催しましたので、その概要をお知らせします。

話題提供1:「海外におけるフロー合成化学研究の最新動向」
市塚 知宏  産総研 触媒化学融合研究センター

DSCF6973b

 

 

 

 

話題提供2:「マイクロ波の工業的利用と液体加熱の適用」
仙田 和章  富士電波工機株式会社
01

 

 

 

 

話題提供3:
「ホスゲン反応へのフローリアクターシステムの活用と
GMP・マルチパーパス設備の導入」
安河内 宏昭   株式会社 カネカ
01

 

 

 

 

話題提供4:「フロー合成普及のための弊社の取り組み」
松本 一希  株式会社DFC
DSCF7021b

 

 

 

 

話題提供5:「ゼオライト分離膜を用いたメンブレンリアクター:
エステル化を例として」
松方 正彦  早稲田大学先進理工学研究科
DSCF7021b

 

 

 

 

意見交換・質疑応答
DSCF6969b

 

 

 

 

交流会 :産総研厚生棟1階