「機能性化学品の連続精密生産プロセス技術の開発」中間成果報告会(2023.2.24)

NEDO事業「機能性化学品の連続精密生産プロセス技術の開発」では、機能性化学品(高付加価値、多品種少量生産)の生産分野において、これまで行われてきたバッチ法を、日本が強みとする触媒技術を用いて、省エネで効率的な連結フロー法に置き換えることを目標に、基盤技術の開発を推進しています。
このたび本事業の折り返し点を過ぎたことから、プロジェクトで開発された要素技術や今後の展開などを広く皆様に知っていただくことを目的として、以下のとおり中間成果報告会を開催します。

  

開催日時: 2023年2月24日(金)11時00分~19時00分(10時30分開場)
開催方法: イイノホール&カンファレンスセンター(現地参加定)
参加登録: 事前登録制、参加費無(現地参加定員 200名 ハイブリット開催定員 200名)

参加申込締切日:2023年2月21日(火)定員になり次第締切

交 流 会 : 開催(参加費3.000円程度、定員70名程度)
主催: 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)

協賛:日本化学会、日本プロセス化学会、フロー精密合成コンソシアム(FlowST)

※会場へのご来場とご聴講の際に、お手伝いが必要な方は、事前にお申し出ください。

※コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催中止やプログラムを予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください。開催方法の変更及び中止の場合は、FlowST HPサイトに掲載いたします

<来場参加における注意事項>

感染症予防対策にご協力ください。

・来場中のマスク着用
・受付での検温
・受付での手の消毒
・距離の確保

※体温が37.5℃以上ある方、体調がすぐれない、軽度であっても咳、咽頭痛などの症状がある方、身近に体調がすぐれない方がいる場合等は、来場参加をお控えください。

※来場受付時の検温結果(37.5℃以上)等によって、ご入場をお断りする場合がございます。

※座席は指定席です。催事中の席の移動は禁止させていただきます。

※会場スタッフが来場者のスナップ写真を撮影し、Webサイト等で公表する場合がございます。

※本イベントの撮影、録画、録音は、固く禁止しております。

※システム障害が発生した場合や、コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催中止やプログラムを予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

<オンライン参加における注意事項>

※WEB会議ツールの配信となります。

※ご利用にかかる通信料は、参加者様のご負担となります。

※参加申込が完了した方に委託業者より入室リンクのお知らせを2月20日(月)頃、行う予定です。内容をご確認の上、当日ご参加ください。
万が一、当日までにご案内メールが届かない場合は、運営事務局へご連絡ください。 

※ネットワーク設定等、参加者様側のトラブルにより当日聴講いただけない場合、当事務局は対応致しかねますので予めご了承ください。

※本イベントの映像や音声を無断で複製及び使用することは固く禁止しております。                         

※システム障害が発生した場合や、コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催中止やプログラムを予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

<交流会参加における注意事項>
コロナウイルス感染拡大の状況により、開催方法の変更及び中止となる場合がございます。
事前にご登録頂き、後程フロー合成PJ報告会 事務局から詳細についてお知らせいたします。

開催中止の場合は、NEDO HP及びFlowST HPに掲載いたします。

受付事務局:フロー合成PJ報告会 事務局 E-mail: m-flow-pj-jim-ml@aist.go.jp